営業インタビュー

パッケージソフト業界について談義してきた

VIPソフトウェア株式会社とパッケージソフト業界について談義してきた

今回は当社と同じくパッケージソフト(※)の企画・開発・販売を行っているVIPソフトウェア株式会社の取締役 岡田 郁二さんと、日本のパッケージソフト(クラウドサービス)開発業界の現状について色々とお話をしてきました。

ITツールを開発している会社の目線を皆さんにお楽しみいただければと思っています。

※パッケージソフトとは
ソフトは大きく独自開発ソフトとパッケージソフトに分類できます。
前者は企業の要件に応じてゼロからシステム開発会社が作り上げるソフトウェアのことをいいます。(スクラッチ開発とも言います)
一方で後者は既製品、市販のソフトウェアです。
クラウドサービスは後者であるパッケージソフトに分類されます。

会社名 VIPソフトウェア株式会社
設立 2005年6月
資本金 30,000,000円
所在地 〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-4-1 TUG-Iビル10階
WEB https://www.vip-soft.jp/
事業内容 システム設計・開発
パッケージソフトウェアの企画・開発・販売

VIPソフトウェアが手掛けるパッケージソフト「事務SOL」

大川
大川
僕はかねがねパッケージソフト業界に疑問を持っていました。今日は岡田さんからどのようなお話をお聞かせいただけるか楽しみです。

本題に入る前にVIPソフトウェアではどのようなパッケージソフトを提供されていらっしゃるのでしょうか?

岡田さん
岡田さん
弊社では「事務SOL」という中小企業向けの統合業務ソフトを開発・販売しております。他にも管理BOXシリーズなども開発・販売しています。

事務SOLとは人事・給与、経理、営業、経営分析を網羅したパッケージソフトです。
「中小企業向けの日本で一番簡単な統合業務システム」というキャッチフレーズで謳っています。

具体的には、ExcelやWord、給与計算ソフトなど社内でバラバラのツールで作業を行っている業務を全て事務SOL1つで完結させることができます。
また見積書や契約書、請求書、売掛帳、給与一覧など必要な帳票をボタン一つで出力することが可能です。

大川
大川
いわゆるERPですね。
ERPは中小企業向けに様々なパッケージソフトがすでに販売されていますが、事務SOLは他のソフトとは何が違うのでしょうか?
岡田さん
岡田さん
国内のERPは基本的に「初期費用が高い」「運用まで時間がかかる」「ランニングコストも高い」の三重苦です(笑)

テレビCMを流している会社もあるなど、皆さんも聴き馴染みのあるERPメーカーが多数あります。

各ERPメーカーに共通して言えることが、初期費用が高いことです。
一般的なERPにおいては個別企業の給与処理や請求業務に合わせる≒専門SEによる初期カスタマイズが発生します。
人の手がかかることから初期費用が高騰してしまうのです。安くて10~数十万円。中堅以上になると数百万なんてことが当たり前です。

一方、事務SOLは初期費用無料、月額9,800円のみで運用することが可能です。
なぜ、これほどまでに低価格で提供できるのかというと、ズバリ後発のメリットです。

有名メーカーは先発優位を活かして市場シェアを抑えることには成功してます。
そして、以前のパッケージソフトは初期費用もさることながら保守料と呼ばれるソフトの年間管理・維持費がかかりました。

この保守料が先発メーカーにとっては大きな収益源です。

そして時代が変わりました。
今や社内のPC、専用サーバーにソフトウェアをインストールしてご利用されるよりも、もっぱらクラウドでパッケージソフトをご利用いただくケースが増えてきました。

クラウドであれば管理が楽チンというのが最たる理由ですが、一方で費用的負担は以前と同じか、もしかすると増大していることがあります。
これは(言葉を選ばず申し上げると)先発メーカーの値付け基準は当時の保守料以上の収益確保なのです。
※異論は受け付けます(笑)

つまり機能やサービスの妥当性によって値付けされているのではなく、過去の自社収益との対比による値付けです。

ソフト的に大きな機能改善や機能追加といったメジャーアップデートがあったわけではありません。
またクラウドサービスのためのサーバー管理コストなどたかが知れています。

にも拘わらず、コスト負担は同等かそれ以上なのです。

ここで後発の事務SOLのメリットが出てくるわけです。

後発ゆえに・・・
・市場からシステムに必要とされている機能が分かっている
・機能が分かっているため最短、最速でパッケージソフトを作り上げられる
・上述の通り管理コストは微々たるものである
以上の理由、経緯から低価格でどの中小企業にもご利用いただける汎用的なパッケージソフト「事務SOL」を開発し、販売できようになりました。

パッケージソフト検討時はベンチャー(後発)までくまなく調べると吉!?

大川
大川
弊社もSFA/CRM業界では同じく後発で、同じような狙いを持ったサービスをリリースしています。パッケージソフトウェア業界は他の業界と違って、ベンチャーの方がこれまでの他社サービスを良いとこ取りした安価な良い製品が多い気がします。
岡田さん
岡田さん
一概にそうとは言い切れないかもしれませんが、私も同じように感じています。と同時に有名企業や大手メーカーが時代の流れに合わせた舵取りを出来ていないことが、業界に身を置く者として気がかりです。

有名老舗企業や大手メーカーなどの先発サービスの中でも管理コストを下げること徹底し、他の新サービスを開発するなどといった企業努力により時代に適応している企業はあります。

しかし個人的には(戦略次第ですが)後発優位の時代になってきたのかなと思ってます。

その理由を述べる前に昔と今のパッケージソフトにおけるシステム面や営業方法に関する比較表をご覧ください。

機能面 ・多機能高価格 ・特定機能に長けてて安価
・もしくは多機能低価格
・他ソフトとの連携
営業(販売) 人海戦術 WEBマーケ
TELやWEB会議
サポート 訪問・電話 チャット

このように先発メーカーにおいては、昔は多くの営業、サポート人員を必要としていました。ところが、今やWEB時代。

当時の戦略上必要だった人的リソースが負担になっているケースが多く、その負担は上述した通り価格に反映されます。

安定して利用できる、実績から望める安全性では先発メーカーの方が良いかもしれませんが、ベンチャーが開発したパッケージソフトにおいても良い製品で安いものが大いに有り得ると言えます。

よって、この対談をご覧の皆さまの中にちょうど何かしらのシステム導入のご検討を考え始めている方がいらっしゃるならば、是非ベンチャーのパッケージソフトまでご検討範囲を拡げられることをオススメします。

今ならIT導入補助金でパッケージソフト導入を半額で導入するチャンス!?

大川
大川
ウチも業界内ではだいぶ後発ですが、老舗メーカーにも劣らないサービスだと自負しているので心強いご意見でした。

システム検討の話が出ましたが、他にもシステムをご検討されている方にオススメの話ってありますか?

岡田さん
岡田さん
最近だとIT導入補助金がオススメです。今(2019年6月10日時点)はちょうど一次公募の期間で、IT導入補助金を使うと半額でシステム導入が可能になります。

2017年からスタートしたIT導入補助金ですが、これは会う人会う人にオススメしてます。

その理由としては
・申請がとても簡単
・採択率が高い
以上の2点です。

IT導入補助金では購入したソフトウェアの初期費用と1年分のランニング費用の最大半額を補助してくれます。

今年から補助額の幅が増え、ERPなど高額といえるソフトウェアでもIT導入補助金のメリットが出るようになりました。

注意点としてはIT導入補助金は特定の(認定されている)パッケージソフトにしか使えないという点です。もし皆さんが検討されているソフトがある場合は、メーカーの営業の方に「IT導入補助金は使えますか?」と必ず確認しておいた方がいいでしょう。

ちょっと宣伝になりますが(笑)、事務SOLもIT導入補助金の対象ツールです。
是非、この機会にお問合せください。

大川
大川
岡田さん、ありがとうございました!

当社のSFA/CRM「Ecrea」もIT導入補助金の対象ツールなのでご興味ある方は是非、お問合せください(笑)

ABOUT ME
大川 直哉
大川 直哉
株式会社エクレアラボ 営業担当 営業支援システム(SFA)メーカーを2社経て、エクレアラボの創業に参画。10年以上のSFA提案や導入の中で1000社以上の営業現場に関与。 得意ジャンルは1000社の営業現場で見てきた営業手法やマーケティングの失敗談。 「失敗の仕方をレクチャーしたら、クライアントはその方法だけは絶対にやらないようになるから少しは成功確率が上がる」と考えている。 小さい頃は父親の経営していた会社に入ろうと考えていたが、自身が大学生の時、親の会社が倒産し、世の中は決してぬるくなく、思い通りにいかないことを痛感。それにもかかわらず未だに甘ったれでボンボン気質が抜けないというのが周囲の評価。 趣味はJリーグ観戦。