マーケティング

セミナー集客にFAXDMは通用しない!?

セミナー集客にFAXDMを利用しました

今月開催した当社セミナーの集客にFAXDMを利用しました。
過去には0.05%から最高0.2%(※)の申込率を誇ったFAXDMですが、近年の当社セミナーにおいては「セミナーの集客ではFAXDMを利用すれば楽チン説」が覆りつつありました。
※申込率とは配信数に対して申込のあった割合のことです。たとえば1,000件配信し、1件の申込だった場合、申込率は0.1%になります。

そして今回のセミナーでFAXDMの費用対効果を最終ジャッジするために、また配信してみました。

その結果(5,000件配信した結果)・・・・

0件。
※当初は10,000件に配信する予定だったのですが、DM原稿のABテストを兼ねて、5,000件ずつに分けて配信することにしました。ところが、最初の5,000件で申込0件だったので配信することをやめました。

やはりFAXDMで集客する時代は終焉したのでしょうか。

今日は過去の配信実績と併せて、FAXDMの有効性を検証してまいります。

セミナー集客のためのFAXDM配信データ

エクレアラボがこれまでセミナー集客でFAXDMを配信した一覧データを一部抜粋したのが下記の表です。

※本当は他にも配信対象条件(業種やエリアなど)があります。
※青=申込率「高」、黄色=申込率「中」、赤=申込率「激低」

表の通り、ここ3年は申込率0.03%を割っています。
いずれも試しに5,000件を配信し、反応率が良ければもっと大量配信しようと考えていました。が、ご覧の通り申込率が低すぎるため、5,000件打って終わり、というウチの会社が学習していない様子が見て取れます(笑)

セミナーテーマを変更したり、DM原稿も煽り系からシンプル系などいくつものパターンを試したが効果は変わりませんでした。

前職からこれまで何十回もセミナーを開催してきましたが、セミナー参加者1名を確保するのにかけるべきコストは8,000~15,000円程度(※)であると考えています。
※バックエンドの商材にもよります。

FAXDM費用は1件あたり約7円なので、1,000~2,000件配信し、申込を得ないと費用対効果が「×」と言えます。

申込率に換算すると、0.05~0.1%を得なければなりません。

ところが、表をご覧いただければわかる通り、近年は0~0.2%、良くて0.4%です。

以上のデータより当社の場合、FAXDMを使ったセミナー集客はコストに見合わないと判断し、当分使うことはなさそうです。

FAXDMでセミナー集客できる可能性はないのか

FAXDMよりも
・SNS広告(facebook広告)
・メールマーケティング
・多媒体メルマガ広告
などWEB関連のプロモーションの方が効果は高いと言えます。(あくまで当社の場合ですが)

ただ商工会議所のFAXDMは高い反応率を誇るという話も聞きました。
となると、会社やサービスの認知度が高い、公共性が高い団体からのFAXDMについては以前と変わらない反応率を得られるのかもしれません。

皆さんの会社においては、このあたりを加味してセミナーなどイベントの集客手段としてFAXDMの利用有無をご判断されては如何でしょうか。

ABOUT ME
大川 直哉
大川 直哉
株式会社エクレアラボ 営業担当 営業支援システム(SFA)メーカーを2社経て、エクレアラボの創業に参画。10年以上のSFA提案や導入の中で1000社以上の営業現場に関与。 得意ジャンルは1000社の営業現場で見てきた営業手法やマーケティングの失敗談。 「失敗の仕方をレクチャーしたら、クライアントはその方法だけは絶対にやらないようになるから少しは成功確率が上がる」と考えている。 小さい頃は父親の経営していた会社に入ろうと考えていたが、自身が大学生の時、親の会社が倒産し、世の中は決してぬるくなく、思い通りにいかないことを痛感。それにもかかわらず未だに甘ったれでボンボン気質が抜けないというのが周囲の評価。 趣味はJリーグ観戦。